BEST BUY 2019『WEAR』。買って良かった「まとうモノ」。

BEST BUY 2019『WEAR』。買って良かった「まとうモノ」。

2019-12-19
まとう【WEAR】

今年、買ってよかったモノを決める「BEST BUY」

  • 『つかう-NEED』
  • 『まとう-WEAR』
  • 『感じる-SENSE』

imDRESSionsのテーマ『自分らしい、装い』をつくる、この3つのシーンに分けて紹介しています。

今回は、ファッションやメンズコスメなど、暮らしの中で身につけるモノを紹介している『WEAR』カテゴリーから5つを厳選しました。

▷「NEED」カテゴリーのBEST BUYはコチラから

スポンサーリンク

01.『FIVEISM×THREE』

メンズメイク「ファイブイズム バイ スリー」

新しい挑戦として、メンズメイクをはじめました。

正直、メンズメイクにはかなり抵抗がありました。

ただ、実際にメイクをしてみると、気分も上がって1日を気分よく過ごせる。

「ファイブイズム」のファンデーションと下地。

ブログでは「ステルスメイク」として化粧下地とハイライトを使ったさりげないメイクを紹介しています。

今ではファンデーションやコンシーラーなどのしっかりカバーするメイクにも挑戦中。

メンズメイクも沼が深く、色々試したいと思っているので、これからimDRESSionsで紹介していきます。

「気分を上げるスイッチ」として、毎朝の習慣になりました。

created by Rinker
FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)
¥5,720 (2020/09/20 00:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

02.『BULK HOMME – THE FACE WASH』

洗顔「BULK HOMME」

さっぱりとした洗い上がりの『BULK HOMME』

泡も濃密。この泡が汚れをしっかりと落としてくれる。

「BULK HOMME」の濃密な泡。

手で擦る必要がないほどフワフワで洗っていて気持ちが良く、今までゴシゴシと洗顔していたことを反省。

おすすめしたいのは、小鼻の脇がザラザラしている人。毎日使っているうちにこのザラザラが無くなってツルツルに。

毎日の洗顔を、楽しみな時間にしてくれた『BULK HOMME THE FACE WASH』。

created by Rinker
バルクオム (BULK HOMME)
¥2,200 (2020/09/20 02:08:07時点 Amazon調べ-詳細)

03.『topologie-ランセルバックパック』

シンプルクリーンな「topologie-ランセルバックパック」

僕にとって必要最小サイズの『topologie-ランセルバックパック』

仕事に行く時、休みの日に外でブログを書く時、毎日のように使っているバックパック。

一番気に入っているのがシンプルなフラップ。つるんとしたラインがランドセルのようでかわいい。

A4ファイルジャストの「topologie-ランセルバックパック」

コンパクトですが、A4ファイルがぴったりと入るサイズで、普段の荷物には十分な容量。

高さ35㎝というのがちょうどよくバッグ自体の形が崩れにくいのもポイント。

シンプルでクリーンなバックパックを探している人は一度チェックしてみて下さい。

created by Rinker
Topologie(トポロジー)
¥12,100 (2020/09/19 21:54:03時点 Amazon調べ-詳細)

04.『N.HOMME-アクアグリース』

ツヤ感がポイントの「エヌドット アクアグリース」

僕の硬い髪をタイトに抑えてくれる『N.HOMME-アクアグリース』

単体だと艶が強いなと感じるので、「スタイリングセラム」を混ぜて少し柔らかい雰囲気にしています。

「エヌドット アクアグリース」の開封

ホールド感とグリースらしい艶感がお気に入りのポイント。

水溶性グリースなので、洗い流しも簡単。ベタつき感も少なくリピート中のスタイリング剤です。

男性の魅力もまずは「髪のカタチ」から。

created by Rinker
N.
¥1,980 (2020/09/19 15:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

05.『TOOT』

オーダーメイドのようなボクサーパンツ「toot」

今までたくさんのボクサーパンツを試してきましたが、遂に理想へたどり着きました。

色々試してきただけあって、ボクサーパンツにはこだわりがあると自負しています。

立体感のあるカタチ。

この『TOOT』のボクサーパンツは、肌に吸い付くような素材と安心感のある形。

まるで、オーダーメイドのような履き心地になっています。

3000円とは感じさせない完成度。「もう、これしか買わないんじゃないか」と思わせてくれる『TOOT』

とりあえず、もう2枚ほど買っておこうと思います。

何を着て、なぜ身につけるのか。

「纏うモノ」は、らしさが1番分かりやすく出てくるところ。

「なぜそれを身につけるのか、なぜその服を着るのか。」いちいち、考えるのは面倒かもしれません。

でも、内面と同じぐらい、見た目にも自分らしさを出していきたい。

『自分らしい、装い』を見つけるためにも、そんなことを考えて過ごしていきたいと思います。

来年はどんな『纏うモノ』に出会えるか、楽しみです。

【次の記事】
BEST BUY 2019『SENSE』

最後のBEST BUYは「感じるモノ」

インテリアや本、音楽などから5つをピックアップ。

▷「NEED」カテゴリーのBEST BUYはコチラから