クリエイターの日常を纏めるレザーポーチ。CURBON by…『porch』【PR】

クリエイターの日常を纏めるレザーポーチ。CURBON by…『porch』【PR】

つかう【NEED】

日常を、これひとつに。

日常の中にある、アイデアや閃きをカタチにしていくクリエイター。

日々の暮らしに目を凝らし、感覚を研ぎ澄ます。

そのために必要不可欠なのが彼らを支えるアイテムたち。

身だしなみを整え、モチベーションを上げる。
ステーショナリーで目にしたモノ、感じたことを逃さないよう、書き記す。
そして、クリエイションを加速させるガジェット。

クリエイターの武器であり相棒とも呼べるアイテムを、ひとつに纏めるレザーポーチ。

全てを詰め込める十分な大きさ。常に持ち歩きたくなる手触りと軽さ。

日常からアイデアを見いだす、クリエイターのためのプロダクト。CURBON by…『porch』

スポンサーリンク

『CURBON by…』クリエイターのためのプロダクト。

image : CURBON by…

今回、imDRESSionsにお声がけいただいたのは、ミニマルなデザインの革小物を製作している『CURBON by…』さん。

様々な分野で活躍するクリエイターに向けたプロダクトを展開。全てハンドメイドで、日本製にこだわったモノづくりをされています。

▷公式【CURBON by…】

以前紹介したケーブルクリップも『CURBON by…』

クリエイターに憧れる僕も、そのデザインやこだわりに惹かれ普段からCURBON by…のケーブルクリップを使っています。

この度、嬉しいことにケーブルクリップの記事を見つけてもらい、新作の『porch』を送っていただきました。

image : CURBON by…

『porch』カラーはCURBON by…で展開している他の革小物と同様、
「black」と「natural」の2色。

サイズは、
100×195×50mmの「S」と、
140×245×60mmの「M」の2種類が用意されています。

今回はblackのMサイズを送って頂いたので、しばらくの間使ってみて気づいた、その魅力を話していきたいと思います。

毎日触れるものだからこその「クロム鞣し」。

今までCURBON by…の革製品は全て「タンニン鞣し」でしたが、今回の『porch』はCURBON by…初の「クロム鞣し」で仕上げられています。

「鞣し(なめし)」とは何か。

簡単に説明すると、動物の“皮“はそのままだと腐敗してしまったり、乾燥からくる硬化が起きてしまいます。それを防ぐため、製品として使える“革“に仕上げる工程こと。

そして、この「鞣し」によって風合いが変わってきます。

普段使っているミニウォレットはタンニン鞣しレザー。長く使っていると艶が出てクセがついてくるのが特徴。

タンニン鞣しの特徴はしっかりとした張りがあり、エイジングを楽しめる。

そして、クロム鞣しは柔らかく軽く仕上げることができます。

今回この『porch』にクロム鞣しを採用した理由。それは毎日手にするポーチだからこそ、柔らかさと軽さを持たせたかったから。

アイテムごとの使い方をイメージして最適な素材を選択する。このこだわりも「CURBON by…」らしいと感じました。

毎日手にするモノには柔らかさを。

今までのタンニン鞣しではどうしても出せないこの柔らかと軽さ。

そして、しぼ感のあるシュリンクレザーを使うことで、傷も目立ちにくくなっています。

僕が革製品が好きな一番の理由が触り心地。

タンニン鞣しのしっとりとしてハリのある素材感が好きなのですが、このレザーポーチのクロム鞣しもなかなか良い。

マットな質感に加え柔らかく、手に吸い付いてくるような感覚。やみつきになる触り心地。

その柔らかさのおかげで、ある程度ポーチに詰め込んでも中身に合わせて馴染んでくれます。

軽さを犠牲にしない、クッション素材。

クロム鞣しの特徴である軽さは、レザーを薄く仕上げることで実現しています。

毎日持ち歩くポーチなので、軽さも重要ですが、薄くなってしまうとガジェット小物などを入れるには少し心配。

そのため、内側にはクッション素材を入れ、軽さを犠牲にすることなくポーチの中身を守れる仕様になっています。

これならガジェット類も安心して持ち運ぶことができそうです。

細部まで、こだわりを感じるファスナー。

ファスナーは、国内トップシェアのYKK。その中でも最も高級な「エクセラファスナー」を使用。(一般的な『YKKロゴ』でないのが地味に嬉しい。)

ただただ金ピカなゴールドではない、アンティーク調で落ち着きのある佇まいを感じます。

他のCURBON by製品に使われている真鍮金具に似た雰囲気で、この統一感もたまらない。

日常を詰め込める、サイズ。

僕が使っているMサイズは、日々使うモノを存分に詰め込めるサイズ感。

初めて手にした時は「結構大きいな…」というのが正直な感想でしたが、この大きさが日々のアイテムをひとまとめにすることを可能にしてくれました。

今まではポーチを2つに分けてバッグに入れていましたが、今はこのレザーポーチひとつだけ。

僕の場合、中身を詰め込んでいるので、しっかりと自立してくれました。ただし、中身が少ないとバランスを取るのが難しそうな印象です。

日常のモノを纏める。

全部出すとこんな感じ。以前カバンの中身の記事で紹介しましたが、そこから厳選しました。外出先であまり使わないモノはこれを機に整理。

薄さ14mmの10000mAhモバイルバッテリーカードより小さい急速充電器アイデアの種を育てるノート6in1Type-Cハブキョンセームクリーニングクロスなどなど…

厳選したと言っても、このポーチ1つをカバンに入れておけば困ることはなく、日常を纏めるには十分な容量です。

見やすく取り出しやすい、3つのポケット。

中にはポケットが3つ。

130×100mmほどの大きなポケットが1つと、

110×90mm程のクッション付きのポケットが並んで2つ。

開いた時にポケットの中が見やすく取り出しやすいのがメリット。よく使うモノをポケットに入れておけば、開いてすぐにアクセスできるのが嬉しい。

ガジェット専用ポケットやケーブルバンドなどがついた高機能ポーチも魅力ですが、このシンプルさが、用途を選ばずクリエイターひとり一人の日常に合わせた使い方を可能にしてくれます。

クリエイターの日常を纏める、レザーポーチ。

ブロガーの端くれとしてimDRESSionsを運営して早2年。

運営していく中で気づいたのは、アイデアや閃きは、日常のいたるところに隠れているということ。

それらを逃さないためにも、日々のアイテムは常に持ち歩きたい。

クリエイターの日常を纏めてくれるCURBON by…『porch』

柔らかな手触りと、軽さ、細部にまでこだわったプロダクトをぜひ体感してみてください。

▷公式【CURBON by…】