【#iPadでWordPress】iPadでブログ更新するワークフロー。4ステップの工程を紹介。

【#iPadでWordPress】iPadでブログ更新するワークフロー。4ステップの工程を紹介。

2019-12-11
iPad

iPad Proでブログを始めて、少しづつ「ブログ更新の流れ」ができてきたように感じます。

そこで今回、「imDRESSionsのブログ更新」の4ステップを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

iPadでブログ更新。4ステップ。

iPadでブログを書く流れは大きく分けて4つ、

  1. プロット制作。
  2. 執筆。
  3. 画像の準備。
  4. 調整・編集。

すきま時間に執筆したり、開封写真を先に撮ったりと記事によっては、順番が前後する時もありますが、基本的にはこの流れでブログ更新しています。

それでは順に紹介していきます。

【Step.1】プロット。

iPadでブログ更新するワークフロー。Step1

まずは、構想。

使うアプリは「コンセプト」

‎コンセプト
‎コンセプト
Developer: TopHatch, Inc.
Price: Free+

「コンセプト」はスケッチアプリ。僕がこのアプリを使っている理由は、キャンパスが上下左右へ無限に広がり、アイデアを出しやすいから。

iPadでブログ更新するワークフロー。構想をアプリ「コンセプト」で制作。

Apple pencilを使い、アイデアをどんどん広げていき、そこから絞っていくようなイメージで使っています。

  • 伝えたいこと
  • 見出し
  • 使う写真のイメージ
  • 全体の流れ
  • 導入文

などをざっくりと。

課金するとレイヤー解放や、図形定規など様々な機能が使えるようになります。「サブスクリプション」か「買い切り」を選べるので、まずは無料で試してみて下さい。

【Step.2】執筆。

iPadでブログ更新するワークフロー。Step2

次にテキスト入力。

使うのは、WordPressのテキストエディタ「グーテンベルグ」。

グーテンベルグになってから、テキストエディターアプリを使う必要がないほどWebベースの執筆が快適になりました。

プロットとグーテンベルグを並べて執筆。

このグーテンベルグでプロットを見ながら文章にしていきます。

編集・調整は最後にするので、この段階では完璧に仕上げるというより、見出しを決めて肉付けしていくイメージ。

「こんな画像を入れるとわかりやすいな」と考えながら書いていくと、次の「画像の準備」がスムーズに進みます。

【Step.3】画像の準備。

iPadでブログ更新するワークフロー。Step3

一番時間がかかっているのが画像の準備。

ブログにオリジナリティを出したいので、なるべく自分で撮影した写真や図解を用意しています。

撮影時の照明環境。

写真の撮影はフルサイズミラーレスのα7IIで。僕は基本的に仕事が終わった後に部屋で撮影するので、照明セットは欠かせません。

そして撮影した写真を「Hyper Drive 6in1 iPad Pro USB-C ハブ」を使ってiPad Proへ取り込んでいきます。

Proシリーズ以外のLightningコネクタ iPadなら「Apple Lightning カメラリーダー」がオススメです。

【Step.3-1】画像補正。

Lightroom操作画面。

そして、読み込んだ写真を補正していきます。

使うアプリは「Adobe Lightroom for iPad」

‎Lightroom iPad版
‎Lightroom iPad版
Developer: Adobe Inc.
Price: Free+

補正の時に気をつけているポイントは、

  • ホワイトバランス(色温度)と明るさを統一する。
  • モノの細部が見えるようコントラストを下げる。

の2点。

それと余計なモノはパッチツールで消していきます。

【Step.3-2】文字入れ、図解。

アプリ「Affinity Photo」操作画面。

アイキャッチ制作や、解説記事で使う図解は「Affinity Photo」で作っています。この記事のアイキャッチもこのアプリで。

‎Affinity Photo
‎Affinity Photo
Developer: Serif Labs
Price: ¥1,720
アプリ「skitch」操作画面。

スクリーンショットへの文字入れなど、簡単に済ませたい時は「skitch」でサクッと。

「skitch」は「写真」アプリから元画像を非破壊で編集できるので助かっています。

【Step.3-3】リサイズ、リネーム。

アプリ「ショートカット」操作画面。

記事で使う画像が全て完成したら、リサイズとリネーム。

imDRESSionsの画像サイズは、幅1500pxで揃えています。それを、一枚一枚リサイズする訳にはいかないので、「ショートカット」アプリで一括変換。

‎ショートカット
‎ショートカット
Developer: Apple
Price: Free

この時リネームも一緒にしたいので、『選択したイメージを幅1500px、200kb以内でリサイズ、連番リネームをしてファイルアプリに保存』というショートカットを作って使っています。

制作したショートカットのリンクを貼っておくので、使ってみて下さい。

ショートカット▷『リネーム&リサイズ200kb』

『リネーム&リサイズ200kb』の使い方。

一応このショートカットの使い方を説明しておきます。

アプリ「ショートカット」使い方。

リネーム&リサイズしたい画像を選択した状態で、「共有メニュー」から『リネーム&リサイズ200bk』をタップ。

アプリ「ショートカット」使い方。

ファイル名を求められるので入力して「OK」をタップ。ちなみに僕は、いつも記事のスラッグ名にしています。

アプリ「ショートカット」操作画面。

あとは自動で処理してくれるので、終わるを待つ。

アプリ「ショートカット」操作画面。

ファイルアプリを開いて連番リネームとリサイズがされていることを確認して下さい。

ファイルアプリの「iCloud Drive」>「Shortcuts」>「はじめに設定したファイル名」の中に画像が保存されているはずです。

▽このショートカットの制作のため、参考にしたのはこの記事。

【Step.4】画像挿入と調整。

iPadでブログ更新するワークフロー。Step4

WordPressの「グーテンベルグ」に戻り最後の仕上げ。

アプリ「ファイル」からグーテンベルグへ画像をドラッグ&ドロップ。

ファイルアプリをSplit Viewで開き、画像をドラッグ&ドロップで挿入。

画像を挿入しながら、文章を付け足したり、キャプションを付けたりと調整しながら編集していきます。

  • リンク
  • ショートコード
  • アイキャッチ
  • パーマリンク
  • ディスプリクション
  • カテゴリー
  • タグ

などを設定し、一度プレビューで確認。

段落のバランスをみて、必要に応じて改行したり、ひと段落にまとめたり。

これで、公開です。

iPadで構想から公開まで。

iPadでブログ更新するワークフロー。

これが、僕の記事公開までのワークフロー。

Apple PencilとSmart Keyboard Folioによる恩恵も大きく、この2つのおかげで画像などの素材さえ揃えば、場所を選ばずどこでもブログ更新ができる。

簡単に紹介してきましたが、この記事が「 ブログ更新の流れ」を見つけるヒントになれば嬉しいです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,879 (2020/12/01 06:53:07時点 Amazon調べ-詳細)

【次の記事】ブログ更新に使っているアプリ。

ブログ更新に使っているアプリ。

ブログ更新に使っているアプリはこちらで紹介しています。

テキストエディタなど、今は使っていないアプリが少しだけありますが、参考にしてみてください。