『流行』を着るのか、『時代』を着るのか。メンズにこそオススメしたいレディースアイテム。UNIQLO「コットンオーバーサイズチュニック」

ファッション

僕が一番ファッションにはまっていた頃は「今年は流行っているけど、来年は着れないだろうな。」と思いながら服を買っていました。

それほど流行の変化が激しかった。

でも今は、当時に比べ流行の変化が緩やかな気がします。

しばらく前から耳にするようになった「リラックス志向」と「ジェンダーレス」この2つは、単に「流行」という言葉では片付けられない「今の時代」のスタンダードになっています。

僕も最近は、肩肘張らない「リラックス感」を求めてオーバーサイズのトップスを着ることが多くなってきました。

そんなリラックス感のあるデザインに惹かれてUNIQLOのレディースアイテム「コットンオーバーサイズチュニック」を購入したので紹介します。

このリラックス感とレディース感。今の「時代」にしっくりくる。

スポンサーリンク

UNIQLO「コットンオーバーサイズチュニック」

今回はUNIQLOのレディースアイテムを。

素材は綿100%。柔らかさと張り感のバランス。やっぱり綿は安心する。

何度か洗濯をして「ゴワッと」してくれれば、より僕好みに。

深く入ったスリットがポイント。

このスリットがジェンダーレスな雰囲気に。機能的にも深さがちょうど良く、パンツのポケットへスムーズにアクセスできる。

iPhoneとミニウォレットだけポケットに入れておきたいという僕は、このスリットのおかげですぐに取り出せるのが嬉しい。

チュニックというだけあって、長い丈感。
新鮮な丈感でメンズのオーバーサイズTとは違った気分に。

メンズが着たらどうなる?

身長177センチの僕はXLサイズを購入しました。

このサイズならメンズでもゆるく着れてレディース感もほどほどに。

丈感は、だいたい腿ぐらい。肩は元々ドロップショルダーのデザインなので肩幅のある僕でも問題なし。

たっぷりとした量感と、生地の落ち感。

脇のスリットがアクセントになって、メンズのオーバーサイズTとは違った雰囲気に。

今回は羽織りにデニムブルゾン、ライダース、カーディガンを合わせてみました。

デニムブルゾン。

以前紹介した「アンリアレイジ」のデニムブルゾン。

生涯、着ることが決まってる服。『アンリアレイジ ー LOW デニムジャケット』

2019-04-05

デニムブルゾンとデニムパンツの合わせでも、裾が出ることでデニムオンデニムのしつこさがなくなる。

ライダースジャケット。

ハードなライダースのインナーにすることで抜け感を。

Tシャツの袖周りが広いので、タイトなライダースは袖を通すより肩にかけるぐらいがいいかも。

カーディガン。

カーディガン合わせでリラックス感を。

丈の長いTシャツとゆるいカーディガンが醸し出す脱力感。好きだな。

という感じで、シンプルな分コーディネートが自由自在。

無地Tだから、当たり前か。

『流行』を着るのか、『時代』を着るのか。

肩肘張らないリラックス感と、性別を感じさせないデザイン。

そして、この質感で1500円というのが(良くも悪くも)今の時代を感じます。

「今はオーバーサイズ、レディースアイテムが流行っているから。」という流れから

『流行』を着るのか、

「もっとリラックスしようよ。メンズもレディースも関係ないよね。」という今の空気感から

『時代』を着るのか。

同じようで少し違う。

しばらく僕は『時代』を着てみたいと思います。

ユニクロ公式オンラインストア|コットンオーバーサイズチュニック(半袖)

【次の記事】スマホをミラーレスカメラα7IIのリモコンに。

今回の写真は、三脚を立てて1人で撮影。

その時にiPhoneをリモートリモコンにしていました。iPhoneを持っている写真があるのはそのため。

iPhoneでα7IIの画角を確認しながらF値やISO感度の調整ができる。今回の撮影で大活躍した「スマートリモコン」の使い方を紹介。

ミラーレスカメラα7IIとiPhone/iPadを連携してリモート撮影する方法。【#memo randum】

2018-10-24
SPONSORED