DIYの設計は無料版で十分。iPadで直感的に使える3Dモデリングアプリ「shapr3D」

iPad

以前デスクのDIYで使った、iPadの3Dモデリングアプリ。

Apple Pencilでの直感的な操作と、丁寧なチュートリアルが魅力。

3Dモデリングなので簡単にできるとは言えませんが、設計したものを様々な角度から確認できる。

無料版でも十分な機能なので、試してみる価値ありです。

ちなみに、有料版は年額25800円…

オブジェクトに色がつけられたり、CADファイルのインポートができたりしますが、個人で利用する分には必要ないと思います。

‎Shapr: 3D モデリング CAD
‎Shapr: 3D モデリング CAD
スポンサーリンク

3Dモデリングアプリ「shapr3D」

高度な3Dモデリングにも使用できるアプリだと思うのですが、そこまでの知識は僕にはないので、今回はデスクDIYの設計に使用した操作を紹介していきます。

視点変更や拡大縮小は指での操作。

オブジェクト(DIYで言えば木材)の生成と変形はApple Pencilで操作。

なので、Apple Pencilに対応したiPadでしか使えません。

使用するにはアドレス登録が必要になってきますが、この段階では無料なので心配しなくて大丈夫です。

「shapr3D」の操作方法。

今回はデスク天板に使う、一枚の板を作るまでの工程を紹介していきます。

完成サイズは、幅1960mm奥行き980mm高さ18mm。

そして、床から700mmの高さに天板を持っていくところまで。

イメージとしては平面図を上に押し上げて高さをつけていく感じです。

天板の平面図を作る。

まず幅1980mm奥行き980mmの長方形の平面図を書いていきます。

左側に並んでいるアイコンの中から「スケッチ」→「長方形」を選択します。

Apple Pencilで長方形の対角線を書くイメージで広げていきます。

後で調整するので、長方形は寸法ぴったりでなくて大丈夫です。

長方形ができたら、長さを調整していきます。

辺の数字をタップすると長さを変更できるので、寸法を入力していきます。

奥行きは980mm。

同様に幅も1960mmに変更します。

これで天板の平面図が完成。

次の工程で高さ(厚さ)を出して立体にしていきます。

平面図を立体に。

それでは立体にしていきます。

左アイコンの「ツール」を選択。そして「押し出し」を選び長方形を選択。(選択した面は濃い青に変わります)

選択したら「次へ」を押す。

すると平面から押し出された立体が現れます。

高さが500mmになっているので板というより箱のよう。

これを薄くするため「長さ」を調整していきます。

左上の「500」という数字をタップして18mmに変更します。

入力したら「完了」をタップ。

これで高さが18mmの天板が完成しました。

移動。

次に天板を床から700mmの高さまで移動させていきます。

「変形」アイコンをタップ。「移動/回転/スケール」を選択。

天板をApple Pencilでダブルタップして全体を選択します。

すると様々な方向の矢印が現れるので、上に向かって伸びる「青い矢印」を上方向へドラッグしていきます。

ある程度移動させたら、数字部分をタップし「700」と入力。

「完了」を押せば終了。

これで、幅1960mm奥行き980mm高さが18mmの天板を床から700mm浮かすことができました。

これを繰り返して完成。

材料になる木材を3Dモデルで作り、移動させながら完成形を目指していきます。
今回紹介した操作以外にも「複製」や「回転」を使って効率良く。

完成させるのは、なかなか時間がかかりました…

ここまでして3Dモデルを作る必要はあるのかは、疑問ですが。笑

部屋の間取りも平面図で作ってしまえば、押し出すことで壁も作ることができる。

こんな感じ。(窓、扉は切り抜いています)

DIYしようと思っているものが、どのくらいのサイズなのかが分かるので助かりました。

iPadで使える3Dモデリングアプリ

はじめにあるチュートリアルで実際に操作しながら使い方を覚えられますし、選択しているツールの使い方は下の「再生マーク」を押せば動画で説明してくれる。

決して簡単とは言えませんが、iPadで3Dモデリングをするには最適なアプリではないかと思います。

3Dモデリングに挑戦して見たい人は、ぜひインストールしてみて下さい。

‎Shapr: 3D モデリング CAD
‎Shapr: 3D モデリング CAD
SPONSORED