デスクを彩るドライフラワー。karin「stand + _」をリピート買い。

インテリア

僕は植物の世話ができないのに「部屋に植物を置きたい」と言う、わがままな男。

そんな時に見つけたのが、前回紹介したドライフラワー「stand + _」

コンクリートに咲く花。ガジェット男子の部屋にドライフラワーを。

2019-01-29

この、コンクリートとドライフラワーの組み合わせが凄く気に入り、リピート買い。

今回はクラスペディアを購入しました。

スポンサーリンク

Karin「stand + _」クラスペディア

前回の「ドライアンドラ」がボリュームのある花だったので、小さめの花が2本立っている「クラスペディア」を選びました。

このクラスペディア。キク科の花だそうで、黄色く丸い花。

2本並んだ佇まい。ちょっとシュールですが、それが男っぽくて気に入っています。

デスクにドライフラワーを2つ。

今まで持っていた「ドライアンドラ」と一緒にデスクに置いてみました。

コンクリートの台座がガジェット男子の部屋にピッタリ。

ガジェットばかりの僕のデスクでも、花が飾ってあるとちょっとだけお洒落な気分に。

自分の席ごとにドライフラワーが置いてあるような会社があったら働いてみたい。

プレートは「meristem」から「kaerin」へ変更。

前回紹介したときはプレートがショップ名の「meristem」だったのですが、今回からブランド名の「karin」に統一したそう。(ややこしい。)

台座のネームもkarinへ変更。

真四角だったコンクリートのもちょっとだけ低くなっています。

変わらない佇まい。

生花も魅力的ですが、僕にはまだちゃんと育てる自信がない。

まずはドライフラワーで花の魅力を十分に感じてから、挑戦してみようと思います。

他にも沢山の種類があるので覗いてみてください。

meristemオンラインストア

SPONSORED