4代目のiPhoneケース。僕は毎回「Apple レザーケース」一択。2年使った先代との比較も。

iPhone

この度、iPhone XからiPhone11Proへ買い替えました。

iPhone11Proの背面は、すりガラスのようなサラサラとした手触り。アップルロゴが真ん中に移動していたり「iPhone」の文字も無くなっていたりと、変化がありました。

本当ならこのままケースを付けずに運用したいものですが、iPhoneを落とした時のショックは計り知れない。

それを回避するため僕は、いつもiPhoneを予約したらすぐにケースを購入しています。

iPhone5sの時から2年ごとにiPhoneを買い替えていますが、その度に購入しているのが、アップル純正のレザーケース

今回も「iPhone11Proレザーケース」を購入。

このレザーケースについて、今までブログで触れていなかったので、この機会に紹介しておこうと思います。

つでに、2年間使用したiPhoneXのレザーケースと比較して経年変化も。

スポンサーリンク

iPhone11Proレザーケース-ブラック

僕は普段持ち歩く財布、キーホルダー、iPhoneケースを全てブラックレザーで揃えています。

そのため、今回のケースも「iPhone11Proレザーケース-ブラック」の一択でした。

レザーケースはサードパーティー製もありますが、やっぱりAppleのロゴが型押ししてある純正レザーケースは別格。

内側は起毛素材でiPhone本体を傷つけず、優しく包んでくれます。

純正なのでもちろんiPhone11 Proにぴったりのサイズ。

そのため、ガラスフィルム選びは慎重に。ディスプレイより一回り小さめでないと干渉してしまいそう。

この記事の写真でつけているガラスフィルムは「OAproda全面保護ガラスフィルム」。全面保護できて純正ケースでも干渉しないのでおすすめ。

コネクターやスピーカー部分は大きく空いているので、ケーブルなどは干渉する心配はありません。

もちろん、ケースをつけたままでもワイヤレス充電が可能です。

2年使った経年変化。

2年間、毎日のように手にしていたiPhone Xレザーケースと比較してみます。

ブラックレザーは経年変化が分かりづらい印象がありますが、並べてみると一目瞭然。

最初はこんなに色が薄かったのか。

開封直後のレザーケースは、サラっとしたマットな質感。

そして、2年間使ったiPhone Xのケースは、ツルツルとした艶のある表情に変化しています。

毎日のように見ていると、なかなか気づきにくい変化。

『手に馴染み、収まる財布。FABRIK 3WAY ミニウォレットの経年変化。【長期レビュー】』でも書きましたが、僕がブラックレザーを好きな理由は、この持ち主だからこそ分かる「経年変化」

落としてしまった時の傷や、バックやポケットの中で擦れた時についたであろう傷も。

2年間お疲れ様でした。

iPhoneは毎日必ず手にする物なので、新しいレザーケースもすぐに変化が出て僕の手にも馴染んでくれそうです。

4代目のレザーケース。

本当ならケースを付けずに使いたいものですが、万が一のことを考えるとiPhoneをしっかりと守っておきたい。

サイドボタンやカメラ周りも完璧に設計されている純正レザーケース。

Appleが作り続けてくれる限りは、このレザーケース一択になりそうです。

SPONSORED