視覚と音で空間をデザイン。「無印良品 壁掛式Bluetoothスピーカー」

インテリア

仕事から帰宅しリビングで家族と食事。
今日あったことを話したり、娘やペットと遊んだり、時には妻の愚痴を聞くことも。
家族が寝静まった後は自分の部屋に戻り自由な時間を過ごす。

家庭を持つ父親にとって一人でゆっくりできる時間はすごく大切。
欠かせないのは「音楽」

僕の部屋で使っているのは無印良品の「壁掛式Bluetoothスピーカー」

誰もが一度は目にしたことのあるこのデザイン。
視覚的にも安らぎを感じさせてくれるスピーカー。

スポンサーリンク

部屋に馴染むデザイン

なんといってもデザイン。
インテリアとしても様になる無印らしいミニマルなデザインで、存在感がありながら部屋の雰囲気を壊さない。

カラーもポイント。
真っ白に見えて淡いグレーになっているため、どんな部屋にも馴染んでくれる。

一般的な壁材の石膏ボードに簡単に取り付けられる壁掛式で、置き型のスピーカーと違いシェルフも必要なくスペースを取らないのもメリット。

簡単に位置替えはできないが高い位置に設置すれば僕の部屋ぐらいの大きさ(10畳ぐらい)ならどこにいても不満なく聞こえる。

電源は下に付いているコードを引っ張ってon/off切り替えができるが、
いちいちスピーカまで移動するのが面倒なのでnature remo を経由しiPhoneで操作している。

Bluetooth接続で、iPhoneから手軽に再生できるのがいい。

音質には期待しないで

音質は、お世辞にもいいとは言えない…ラジオのようなこもった音質

(よく言えば)雰囲気のある音なので、BGMとして聞き流すにはちょうどよく、読書の時や作業用として使っている。

壁掛式スピーカーのため音が上から降ってくる感覚で、集中したいときやリラックスしたいときには最適。

僕の場合はiPhone側の音量をMAXにし、音量の調節はスピーカー側で行うことで極力音割れしなようにしている。

音質をこだわる人にはお勧めできないが、僕のようにBGMとして気軽に流すような使い方であれば充分。

同じ価格帯で音質の良いものはたくさんあると思うが、デザイン性を求める人にはおすすめのスピーカー。

贅沢な時間を演出

仕事を終え帰ってきた後、デスクに座りお酒を飲みながら本を読む。

そこに音楽があればより贅沢な時間に。

音にデザインをプラスして、日々の疲れを癒す時間を過ごすのもいいものですよ。

無印Bluetoothスピーカー
created by Rinker
SPONSORED