『(inside)-imDRESSions』vol.17

『(inside)-imDRESSions』vol.17

ブログ運営

ミニマルに惹かれる理由。

僕はシンプル見た目の中に機能がギュッと詰め込まれたミニマルなモノに惹かれます。

今月の記事はそんな「ミニマルなモノ」を紹介してきました。急須にアプリ、ステーショナリーそれぞれを振り返っていこうと思います。

それでは今月のまとめ『(inside)-imDRESSions』vol.17始まります。

スポンサーリンク

今月の記事。

今月更新した記事。

ミニマルな急須。

最初のミニマルアイテムは急須。

最近になってコーヒーを何杯も飲むことができなくなってしまったので、お茶を淹れてみることにしました。

そこで、ずっと気になっていた『透明急須』を購入。本体の樹脂素材のおかげで熱くなく、割れることのないミニマルな急須。

お茶を始めたい人に、まずおすすめしたいアイテムの紹介です。

ミニマルなエディター。

次のミニマルはエディターアプリ。

ブログの執筆で使っていた純正の「メモ」アプリから乗り換えました。ミニマルなエディターアプリ『Pen Cake』は極限までシンプルに仕上げられたUIに記事の管理がしやすいフォルダー機能など、お気に入りのエディターアプリになりました。

日記や小説などに使う人が多いようなので、毎日の記録をミニマルなエディターで残して見るのもいいかもしれませんね。

ミニマルなステーショナリー。

最後のミニマルはステーショナリー。

ミニマルなデザインが魅力のTENT。今回は最近発売になった『SAND IT』を紹介しました。

キングジムとコラボした、カードや書類をまとめるオーガナイザーの『SAND IT』。

シンプルな構造ですが中身に合わせて厚さが変わるギミックが面白いアイテム。自宅の書類はこのSAND ITで揃えようかなと計画中です。

今月のモノ。

買ったモノ、聴いたモノ、読んだモノ。

『AirPods Pro』

ついに買ってしまいました。

『AirPods Pro』については色々なところで情報を拾っていましたが、実際使ってみると周りの音をスッと消してくれるノイズキャンセリング性能は想像以上でした。

そして今回のiOS14へのアップデートで追加された「空間オーディオ」も購入の決め手になりました。早速Apple TVで試してみるとその臨場感と没入感に感動。ただ今のところApple TVでしか体験できないので、これから対応プラットフォームが増えていくことに期待。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥28,980 (2020/10/25 04:36:17時点 Amazon調べ-詳細)

『PEOPLE 1』

今月一番聴いていたのがPEOPLE 1の『常夜燈』。

ポップなメロディーと中毒性のあるアニメーションにどハマり。ポップなイメージとは裏腹に歌詞は少し暗く、メロディーやアニメーションとのギャップがこの曲に惹かれる理由かも。

そしてこの「常夜燈」を含む5曲を収録したEP『GANG AGE』が今日配信開始されました。どの曲もテイストが違って面白いのですが、その中でも僕は「ライカ」がお気に入り。ぜひ聴いてみてください。

アルバム・2020年・5曲。 Apple Musicのサブスクリプションに登録すると利用できます。無料で体験する。
music.apple.com

『ブルーピリオド』

ブログでは何回も紹介している漫画『ブルーピリオド』の最新刊8巻が発売されました。

様々な課題に立ち向かい苦悩して自分なりに答えを見つけていく、そのプロセスが丁寧に描かれ、今回も読んでいて創作欲を刺激されまくりでした。

毎回ブルーピリオドを読んだあとは、いろんなことに挑戦したいとやる気がふつふつと湧いてきます。

ミニマルに惹かれる理由。

僕がミニマルなモノに惹かれる理由は、暮らしの中にスッと馴染むデザインと使い心地。

ただシンプルな見た目だけではない、使って気付く心地の良さ。そんなミニマルなアイテムには、これからも惹かれ続けるんだと思います。

そうして手にしたアイテムはimDRESSionsで紹介していくので、覗きに来てもらえると嬉しいです。

それでは来月もimDRESSionsをよろしくお願いします!そうすけでした!