【#iPadでWordPress】カスタマイズ中のテーマを見れるのは自分だけ。訪問者を困惑させないプラグイン「WP Theme Test」

iPad

現在WordPressのテーマをカスタマイズ中。せっかくならiPadだけでブログリニューアルしたい。

本来ならローカル環境でコーディングしてからアップロードするのがベストなんですが、いくら調べてもiPadだけでローカル環境を作る方法が見当たらない…(知っている人がいたら教えてください。)

せめて、コーディング中にブログへ来てくれる人を困惑させないよう、編集中のテーマは自分だけが見れるように出来ないか。

そんな僕の願いを叶えてくれたWordPressプラグイン「WP Theme Test」を紹介していきます。

スポンサーリンク

「WP Theme Test」

設定方法は後半で説明するので、まずは「WP Theme Test」を使うと何ができるのかを紹介します。

この「WP Theme Test」簡単に言えば、訪問者と運営者(WordPressにログインしている人)とで表示させるテーマを変えれるプラグイン。

なぜ表示を分ける必要があるのかというと、
テーマカスタマイズ中に、訪問者へ未完成のテーマを見せないようにするため。

中途半端な未完成テーマを表示させてしまえば、訪問者を迷わせてしまう。
だからといって、訪問者の少ない夜中に一気に仕上げられるほどの技術を、僕は持ち合わせていません。

そこで「WP Theme Test」を使えば、次に使いたいテーマをカスタマイズしている最中であっても、
訪問者には、いつも通りのテーマでブログを見てもらうことができます。

実際に使うと、こんな感じ。

通常のテーマは「swallow」そして、自分だけに見えるカスタマイズ中のテーマは「yStandard」の場合で試してみます。

まずは直接ブログにアクセスした場合。当然、執筆時点で使用している「swallow」のテーマが表示されます。

次にWordPressにログインした状態でブログを表示。

すると、カスタマイズしたいテーマの「yStandard」が表示されています。これは自分(WordPressにログインしている人)以外には見えていません。

これで、運営者はログインしていれば編集中のテーマ「yStandard」を確認しながらカスタマイズできますし、
その間に訪問してきた人にはいつも通りのテーマ「swallow」で見てもらえる。

というわけです。

本番環境でのコーディングにはなってしまいますが、iPadのsplit viewでテーマを確認しながらカスタマイズできるのは嬉しい!

本番環境でのコーディングはローカル環境と違い、更新の度に直接サーバーのファイルを上書きしていくため、
「ブログが真っ白になって、WordPressにログインできなくなった…」という事態もありえます。(特にphpファイルを編集している時)
必ずバックアップは取っておくようにしましょう!

「WP Theme Test」の設定方法。

それではプラグイン「WP Theme Test」の設定方法を解説していきます。

まずは、プラグインをインストール。公式プラグインなので、iPadでも特に面倒なことなくインストールできます。

▽iPadでプラグインをインストールする方法はこちらで紹介しています。

【#iPadでWordPress】プラグインを追加する2つの方法。ファイルのアップロードもできる。

2018-12-06

有効化すると「外観」の中に「WP Theme Test」の項目が追加されるので、これを選択。

設定画面に移るので上から

  • 「テストテーマ」→カスタマイズしたいテーマを選択(今回は「ystandard-child」)
  • 「現在の状態」→「on」を選択
  • 「表示する権限グループ」→「管理者」を選択
  • 「パラメーター機能」→「無効」
  • 「IP Address」→そのままにしておく

最後に「変更を保存」をタップして完了です。

これで、訪問者と運営者で表示させるテーマを変えることができました。

まとめ

こんな感じで、訪問者にカスタマイズ中のテーマを見せることなくブログリニューアルを進めることができるプラグイン。

PCでローカル環境を作ったり、テスト環境が整っている人には必要のないプラグインですが、僕のようにiPadだけでテーマカスタマイズしたい人には必須のプラグイン。

iPadでブログリニューアルを考えている人は参考にしてみてください。

▽参考にしたサイト
【表示の確認だけじゃない!WordPressテーマのテストは「WP Theme Test」がこれほど便利だったとは! | よしあかつき】

▽WordPressテーマ「swallow」はこちらから



SPONSORED