ファッションは魔法。|【感装文】

ファッションは魔法。|【感装文】

2020-08-22
ブック

ファッションへの恐怖。

『魔法』は憧れである一方で、
「恐怖」を感じてしまうもの。

ファッションは楽しい。

それこそ魔法にかかったかのような錯覚に陥る。

その一方で、ファッションに対する様々な「恐怖」は常につきまとってくる。

  • この服を着て外に出たら笑われるんじゃないか。
  • ただ言われた通りの流行を身に纏ってしまっているのではないか。
  • ショーに現れる奇抜なファッションは、なぜこんなにも評価されているのか。

「お洒落」とは何なのか。

答えのないその問いへ直面した時、途端にファッションが怖くなってしまう。

魔法が科学で再現されるより前の時代、当時の人たちは自分の理解の範疇を超えた『魔法』を目の当たりにし、ある種の恐怖を感じていたと思います。

それと同じように『ファッション』へ恐怖を感じてしまうのは、

その表層を知っただけで、深くを理解しようとせず、目を背けていたから。

『ファッション』は憧れである一方で、
「恐怖」を感じてしまうもの。

かつて魔法に憧れ、科学で再現しようとその恐怖に向き合った人がいたように、

ファッションの恐怖から目を逸らさず、向き合い、力に変えていく人こそ本当にお洒落な人

それが、僕の憧れる『ファッション』なんだと信じています。

「ファッションは魔法」

「リトゥンアフターワーズ」「ミキオサカベ」

その前衛的なファッションから、目を背けてしまっていた2つのファッションブランド。

奇抜さに怯える前に、まずはデザイナーの思考を知りたいと手にした本。

魔法使いとも思える2人のファッションデザイナー。

彼らの思想を紐解くことで、デザイナーの人間らしい一面を垣間見れる一冊です。

created by Rinker
¥1,034 (2020/11/28 19:07:51時点 Amazon調べ-詳細)