犬を飼うまで不安に思っていた5つのこと

犬を飼うまで不安に思っていた5つのこと

2018-06-08
ライフスタイル

 

私の自宅では、シュナマル(ミニチュアシュナウザーとマルチーズのミックス)を飼っています。

今までペットを飼ったことのない私がなぜ犬を飼うことになったのか。それは、妻に「犬を飼いたい!」と言われたことが始まりです。

私は犬を飼うことに対してかなり消極的でした。

なぜかというと、今までの人生の中で犬を飼うことに魅力を感じたことは一度も無かったですし、散歩や世話など面倒なイメージがあったからです。

そんなこともあり、妻に「犬を見に行こーよ」と言われる度に(早くその飼いたい衝動おさまってくれないかな…)と思いながらなんとなくペットショップに行くことを避けていました。

しかし、妻の飼いたい衝動がおさまる気配もなく

渋々ペットショップに行くことになりました。

そこでペットショップで何頭か抱かせてもらって気づいたんですが…

犬ってめちゃくちゃ可愛んですよ。(←単純)

その日のうちに決めてきました。

ただ、犬を飼うことに対しての不安は残っていたわけで…

スポンサーリンク

私が不安に思っていたこと

その不安というのは

  • 抜け毛の処理
  • 犬の臭い
  • 日中家にいない
  • 散歩が面倒
  • しつけが大変

の5つです。

この不安要素を実際飼っていく中でどう解消していったのかを書いていこうと思います。

抜け毛の心配は犬種によって解消!

飼う前は犬の毛が服に付いたり、カーペットやソファなどに毛が落ちたりと、処理が大変そうだと思っていました。

しかし、犬の中にも毛が抜けやすい犬種、抜けにくい犬種があります。

今飼っているシュナマルはミニチュアシュナウザーとマルチーズのミックス犬なのですが、どちらの犬種も毛が抜けにくいため、ずっと抱いても全くと言っていいほど毛がつきません!

抜け毛が気になるから…と飼うことを悩んでいる人は、毛の抜けにくい犬種を調べてみましょう。

犬の臭いはフードの種類と月一回のシャンプーで解消!

飼い始めは少し犬の臭いがしていましたが、原因は最初にペットショップで買ったフードでした。

臭いの強いフードだったのでそれを食べたあとに、手や体をなめて体中がフードの臭いになっていたんです。

なので、臭いの少ないフードに変え、食後の歯磨きをする事でかなり臭いが少なくなりました!

(フードの臭いが強いほど犬の食いつきが良くなるので、臭いを抑えたフードだと食べなくなってしまう犬もいます。なのでサンプルなどでだんだんと慣れさせていくといいでしょう。)

あとは、自宅で月に一度シャンプーをすることで更に臭いがしなくなりました。

日中家を空けていても犬はちゃんと留守番ができる!

我が家は共働きで、日中は家に誰もいない時間が多いです。

そのため、初めのうちは家にひとりで留守番をさせるのが心配でした。

ですが、おやつを入れたおもちゃを一緒にケージに入れてあげることでひとりでも遊んでいられますし、飽きれば眠っているので心配はなくなりました。

散歩は思っていたより面倒ではなかった!

私は、社会人になってからほとんど運動をしていなかったので、毎日散歩できるかな…と思っていました。

実際に散歩をしてみると30分はあっという間に終わりますし、日頃外を歩くことも無かったのでとても新鮮でした。

しかし、毎日となるとやっぱり大変です。(ほとんど妻が散歩に行ってくれています…)

ただ、飼う前に思っていたほど面倒ではなかったですし、気分転換と運動不足の解消ができればいいかなと思っています。

しつけは最初が肝心!

犬を飼うとなったとき一番の心配はトイレのしつけでした。

最初はもちろんトイレの場所で出来ないことが多かったですが、出来たらしっかり褒めてあげることで覚えてくれました。

犬は一度覚えたことは忘れずにいます。最初にしつけをきちんとすればその後は言うことを聞いてくれます。

新しいことを覚えていく度に私も嬉しくなり、しつけも苦では無くなっていきました。

犬を飼って本当に良かったと思います

私も飼い主となって1年が経ちました。

飼う前までは「犬を飼うなんて面倒だ!」と言っていたのに、今では「犬のいない生活には戻れない!」と思うほどになっています。

しかし、家族が増えるということは今まで通りの生活とはいきません。

ただ可愛いから、癒されたいからという気持ちだけで飼うことはやめましょう!

ひとつの命を招き入れるという覚悟を持ちましょう。

(私はその日のうち決めてしまいましたが、妻がしっかりと調べてくれていました。)

この記事が、犬を飼いたいけれど悩んでいるという人の後押しになれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。