生涯、着ることが決まってる服。『アンリアレイジ ー LOW デニムジャケット』

ファッション

僕のクローゼットにある、絶対に手放せないモノ。

「生涯、着ることが決まっている服」

スポンサーリンク

繋ぎとめてくれた服

この服を買ったのは6年ほど前。

娘が3歳になり「たまには実家に預けて2人で出掛けよう」と、妻と東京へ行った時に購入。

僕と妻は20歳で結婚し、翌年には子育てが始まった。
同世代の友人達が20代を謳歌している中、子育てや仕事に追われる毎日。

この時期はケンカはせずとも、お互いに不満や苛立ちが積もっていた気がする。

そんな雰囲気の中、一緒に出掛けたところで楽しめる訳もなく、2人の空気はぎこちないまま。

でも、この服を試着した時に妻が「すごい似合ってる!」と満面の笑みで僕を見つめてくる。

久しぶりに妻の笑顔を見た気がして嬉しくなったのを、今でも鮮明に思い出す。

ーーー

後から聞いた話ですが、この日2人で出掛けるまで妻はなんで僕と結婚したんだろうと思っていたそう…(危なかった)

大袈裟かもしれませんが、結果的にギリギリのところで僕らを繋ぎとめてくれた一着に。

あれから歳を重ねて、昔の服は似合わなくなっていったり、好みが変わってきたり。

ただこの服は、着るたびに妻が喜んでくれたことを思い出すのでやっぱり手放せない。

『おじいちゃんになっても、これを着て妻と一緒に歩けたらいいな。』

そんな想像をしながら、この春もまた袖を通そうと思います。

アンリアレイジ「LOW デニムジャケット」

渋谷で撮影された写真をモザイクのように低解像度(LOW)にしてプリント。

モザイクをイメージしカッティングされた襟。

ボタンもコレクションごとに製作されている。

アンリアレイジのこだわりが細部まで表現された一着。

▷ANREALAGE OFFICIAL ページへ

SPONSORED